ベッド:一人暮らしのインテリア

ベッドは、場所を取るものだけに、慎重に選びましょう。

まず、ロフトベッドか、そうでないかを選びます。ロフトベッドは、高さのあるベッドで、会談を登るようにしてベッドの中に行くものです。高いところが苦手な人や、ベッドから落ちやすい、寝ぼけて動き回ることが多い人には不向きです。もちろん、ベッドには囲いがあるので、実際に落ちることなどはありませんが、窮屈に感じることもあります。

ロフトベッドのメリットは、ベッドの下に物を置くスペースができるという点です。高さを有効に活用できる点で、お薦めできます。

あまりベッドと床とに高さがあると不安な人は、普通の高さのベッドになりますが、その際も下にスペースがあるものを選びましょう。ベッドの下の部分に物を置くことができるようになります。

ベッドと収納がセットになったものもありますので、検討材料として考えましょう。ただ、やや価格が高めになります。また、換気の面でやや欠点がありますので、できればベッドの下が開いているものを選ぶと良いでしょう。

ベッドの大きさは一般的にシングル、セミダブル、ダブルという順で大きさが大きくなります。部屋が狭い場合は、シングルを選びましょう。寝る場所優先の人は、セミダブル、ダブルでもかまいませんが、かなり部屋が狭くなることを覚悟する必要があります。

ベッドは、固いものか、やわらかいものかで寝心地が変わってきます。こちらも人それぞれの好みによりますので、日ごろ寝ているベッドを参考に決めましょう。

ベッドのチェックポイント

  • 収納スペースを増やしたいのであればロフトベッドを
  • ベッドの下に物を置くスペースがあるものを
  • ベッドの大きさはシングルを基本に
  • ベッドのやわらかさは好みによる

ベッド人気ランキング

ここでは、amazon.co.jpで人気ランキングを表示しています。人気の商品を確認し、購入にお役立てください。

必ずしもすべてが一人暮らし用というわけではありませんので、最終的には先に説明した商品チェックポイントをご確認のうえ、最終的にお選びください。

画像やテキストリンクをクリックするとamazon.co.jpの購入ページに移動できます。

また、楽天Yahoo!ショッピングなどで購入する場合は、型番を確認後、楽天Yahoo!ショッピングのサイトで検索し、商品を探しましょう。

なお、ランキングには異なる商品が含まれていることがございます。

1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位
楽天での人気ランキング 11位以降のランキングはamazon.co.jpにて