2014年4月の消費税増税に絡んだ家電の買い時

2014年4月から消費税が引き上げられます。

そこで多くの人が駆け込み需要と称して消費税増税前に物を買おうとします。

家電なども金額が高額になるため、購入する人が増えるでしょうが、果たして家電などを増税前に買うべきかどうか、今一度考えてみてはどうでしょうか。

急いで必要であるものは増税前であろうが増税後であろうが買うべきです。

そうではなく、急いで必要でなく、単に増税があるからといって購入を急ぐのは考えるべきでしょう。

まず、基本的に3月周辺は毎年新規に一人暮らしや引っ越しなどをする人が増えるため、家電などの物がよく売れる時期です。

よく売れることから、家電量販店などでは高めに価格を設定していることがあります。新商品がこの時期に向けて発売し、新商品だから価格が高い、ということもあります。

逆に、3月から少し離れた時期、特に5月下旬から6月にかけては、引っ越しシーズンも終わり、多くの人が家電を買うということをしない時期に入ります。

この時期こそが本来の家電の買い時です。

増税があるので、3%分高くなりますが、それ以上に値下げ幅が大きいこともあるため、消費税増税分を考慮してもお得になるものも多いかと思います。

急ぎでない場合は6月辺りまで待つことも検討してみてはどうでしょうか。

なお、エアコンなどは夏に向けた需要のため、6月から売れる時期でもありますので、エアコンは別途考える必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加